初心者 バトルフィールド5

【BF5】バトルフィールド5攻略部屋【キャンペーン・マルチ完全対応】

MENU

初心者がBF5を楽しむために

BF5画像

こちらではバトルフィールド5において初心者の人がこのゲームのマルチプレイを楽しむために必要なことをまとめています。

 

初めてのBFシリーズ、FPSゲームなどで悩んでいる方は参考にしてみてください。
※随時加筆、画像などの追加、修正を行っていきます。

 

隊長ー!
こちらで初心者さんに向けた記事をまとめているんですね。
何か管理人が他で管理しているサイトとあまり言っていることが変わらないような・・・。

 

 

そうだな。
以下でも説明しているが、基本的にFPSで押さえるべきポイント、核は変わらないと考えている。
既に他のサイトで読んでくれているユーザーは読み飛ばしつつ参考にしてほしい。

FPSゲームで効率よく上達するために

FPSゲームにおいて一番大切なのは・・・

まず、FPSゲームに置いて一番大事なことに関して。

 

別で立ち上げているFPSゲームのテクニックをまとめたサイトでも書いていますが、個人的にFPSにおける一番大事な要素は「立ち回り」だと考えています。
もちろんエイム速度やとっさの状況にも対応できる操作スキルも大事です。

 

ですが、立ち回りを意識しマップやルール、シチュエーションに合わせたて常に最善、有利な状況に持って行く動きを心掛ければボクサーのような動体視力や神がかった操作スキルがなくても勝てます。

 

FPSゲームにおいては一対一の場合、敵と相対して攻撃する瞬間の立ち位置で、ほぼ勝負は決まっています。
立ち回りを押さえれば、プロゲーマーやクラン員全員を相手にしない限り、つまらなくなって止めるという事はまずないはずです。

 

BF5の立ち回りを向上させるコツは以下でまとめています。
また、私がまとめているFPSテクニックまとめサイトはコチラですので、よければ参考にしてください。

キル率へのこだわりを捨てる

こういったゲームは初心者に限らず、長くやっている人でもキル率(一度死ぬまでに何人倒せたか)にこだわる人は結構多いです。

 

ですが、自身のキル数とデスを気にしすぎると目の前のプレイに集中できなくなり、積極性がなくなってしまいます。

 

初心者の人は初めは何もできず辛いとは思いますが、何回も敵にキルされて、そこから学んでください。

 

敵を倒したり、試合に勝つことはもちろんですが、敵に倒された時も

  • 敵の位置取り
  • 兵科
  • 車両
  • 武器
  • シチュエーション(自分はどういう状況でキルさたのか)

など、そこから学べることはたくさんあります。

 

デス数がかさむのは辛いです。
ですが、積極的にチームの勝ちにこだわり前に進む姿勢が、マップ・ルールの理解、シチュエーションにおける最適な立ち位置を掴むためには必要不可欠。
一緒に頑張りましょう。

 

チームの迷惑になることをしない

道を塞ぐ、射線を遮る、無闇に発砲するなどプレイにおいて味方の妨げ、迷惑になることはしないようにしましょう。

 

どのFPSゲームにおいても、味方が一番ストレスを感じるのは味方にキルされることです。

 

BF5のマルチプレイコツまとめ

まずはボタン配置の設定を変える

ボタン配置の設定ですが、コントローラー(ゲームパッド)のオススメは「タイプ2」です。

 

こちらはしゃがみ/伏せボタンを右スティックに、格闘ボタンを〇に移すだけですが、格闘攻撃よりも伏せやしゃがみが重要なBF5やCODなどにおいては、そちらをとっさに繰り出せるようになった方が生存率が上がります。

 

エイムと移動の同時操作に慣れる

FPSがはじめての人は操作に精一杯で、移動とエイム(視点移動/照準を合わせる)が同時に出来ない人も多いです。

 

さすがにこの状態では立ち回りがいかに上手くても勝てないので、まずはFPS独自の操作感覚に慣れることから始めてください。

 

状況に合わせてしゃがむ/伏せるを活用する

しゃがみと伏せなどの体勢変更は敵との戦闘を有利に進め、不意な攻撃から身を守るためには非常に重要。
敵を攻撃すると分かりますが、やはり体勢が低い方がエイムに時間がかかり、当てずらいと感じるはずです。

 

これは敵にとっても同じ。
また、射撃についても体勢が低い方が命中率(集弾性)向上、銃射撃時の反動抑制効果も得られます。

 

ボタン配置をタイプ2にしておけば右スティック押し込みで瞬時に体勢が変えられます。
もちろん移動速度は下がるので、シチュエーションによっては立って動きながら撃つ方が効果的な事もありますが、まずはシチュエーションに合わせた最適な姿勢を取れるだけでもずいぶんスコアに影響があるはずです。

 

慣れてきたら後ろから敵にふいに撃たれた場合、
ジャンプして敵の射線を逸らす→瞬時に反転してしゃがみに移行し反撃→倒したら、その体勢のまま別の敵がいないか警戒する
といった複雑な動きもできるようになります。

 

敵を倒しても油断せず次のキルに繋げる

今作は分隊での連携がより求められる仕様のため、あなたも基本的に分隊の行動に合わせて戦う必要があります。

 

それは敵側にとっても同じため、一人の敵を倒したら油断せずに、必ず他に敵はいないか警戒するクセをつけましょう。

 

屋内であれば背中を取られないような角をとって待機する。

 

屋外であれば遮蔽物、なければ伏せなどを活用し体をさらさないようにするなどです。

 

また、サブウェポンのハンドガンも積極的に活用しましょう。

 

そういったクセを付ければ、今度は倒した敵を蘇生しに来た敵も狙えるためより多くのキルを望めます。

全体マップ/ミニマップを活用する

マルチの状況把握に関しては、全体マップとミニマップが大いに役立ちます。

 

ミニマップ画像

ミニマップはマップの左下に常に表示されているものなので、常に確認するクセをつけるようにしてください。

 

全体マップ画像

またタッチパッドを押すことでミニマップが拡大し、全体マップになります。

 

こちらに関しては周囲の状況が落ち着いて次の行動を決める際に参考にします。

 

今作は分隊でのチームワークが前作以上に求められる仕様なので、これらのマップで分隊の位置をしっかりと把握し、常に連携して攻め込むことを意識してください。

 

分隊最後の生き残り

自分以外の分隊が全員キルされた場合は、画像のように分隊最後の生き残りという文字とドクロの画像が表示されます。

 

これが出てきたら一旦安全な場所に退避し、分隊の復活を待つようにしましょう。

 

マップ・ルール毎の特性を感覚で掴む

マップ画像

マルチプレイにおけるマップは地形、旗の位置などが決まっているので、まずは繰り返しプレイして感覚で覚えられるようになりましょう。
慣れてきたらそこに併せて、マップ毎の気象効果(砂嵐)などについても把握します。

 

更にそこにルールが加わることによって、同じマップでも立ち回りがガラリと変わってきます。
こちらも慣れるまでは大変ですが、立ち回りを養うためには一番大事な要素でもあるので根気強くプレイしてください。

 

戦車・戦闘機に積極的に乗る

BF5戦車画像

バトルフィールド5では各種車両が利用出来るので、躊躇せずに積極的に乗りましょう。

 

慣れないうちは何も出来ずにキルされるばかりですが、操作に慣れ、各種アンロックが進めばとたんに楽になります。
シチュエーションに合わせ、最適な車両に乗ることも勝つためには重要です。

 

またBF5には航空機や戦車を自由に操作できる練習場もあります。

 

こちらで自由に車両の操作が出来るのでぜひ活用してみてください。

 

 

兵科毎の特性を掴む

今作では突撃兵、衛生兵、援護兵、斥候兵の4つの兵科が利用できます。
BF5ではキルだけでなく、各兵科毎に固有のスコアの稼ぎ方があります。

 

それぞれ利用できる武器も決まっているので、あなたのプレイスタイルにあった最適な兵科を見つけてください。
(各兵科まとめはコチラ)

 

色々な兵科を試すことで他の兵科にして欲しいことが出てくると思います。

 

それがそのまま、あなたが次回その兵科をするときに分隊及びチームから求められることです。

 

BF5追加の新要素をフル活用する

建築時の画像

今作では新しく、分隊蘇生や建築機能が追加されています。

 

分隊蘇生に関しては分隊が生き残ることが自分の生存率にも直結するので、積極的に行いましょう。

 

ただし、ポイント目当てで危険な状況にも関わらず無理に蘇生しに行くのはNG。
それによってあなたも死んでしまい分隊が全滅になっては元も子もありません。

 

そのため、危険なシチュエーションでは分隊、チームのためにあえて助けない選択をすることも大切です。

 

建築機能については、基本的に旗がある拠点において行えます。
十字キー下ボタンで建築モードに移行しR2ボタン長押しで様々なオブジェクトを建設出来るので、遊び感覚でいろいろ作ってみてください。

 

また拠点などにおかれてる弾薬箱や救急袋の取得も今作では重要な要素です。

 

ガジェットや手榴弾などは弾薬箱があるスペースなどで効率的に補充できるため活用が必須。

 

拠点やルールによっては設営できる場合もあるので、そちらをしっかり把握することも大事です。

 

慣れてきたら感度などのオプションを設定する

ある程度慣れてきたら、オプションを細かく設定し、あなたにとって最適なカスタマイズを見つけましょう。

 

BF5におけるオプション設定に関してはコチラの記事を参考にしてください。

 

ゲームに慣れてきたら、まずは感度(視点移動の速さ)から調整してみてください。

 

最適な環境を整備することも大事

FPSゲームにおいては音などによる情報収集も非常に大事になってきます。

 

視界やマップにも映っていない敵の接近や位置が事前に分かれば有利に立ち回れますよね。
もちろんはじめたばかりだと、操作に必死で余裕もないと思いますが、ある程度慣れてきたら、FPSに適した環境を作ることも大事です。

 

  • 敵の足音、発砲音や位置を把握できるヘッドホンやヘッドセット
  • 正確でスムーズな入力を可能にするゲーミングキーボード、マウス
  • 敵の姿をクリアにスムーズに映し出すディスプレイ
  • 長時間のプレイでも集中力が途切れないゲーミングチェア

 

どれも必須ではありませんが、スコア上昇、FPSゲーム上達に間違いなく貢献してくれます。

 

どのジャンルでも値段が安く優秀な製品も多数あるので、プレイに余裕が出てきたらこちらも参考に、マルチプレイの環境を充実させてみるのもいいでしょう。

 

BF5の勝率UPに繋がる周辺機器選び

 



FPSの関連周辺機器をまとめたサイト FPS上達のコツをまとめたサイト